BITGo(ビットゴー)は低リスクハイリターンかヴィカムを調査した

BITGo(ビットゴー)は低リスクハイリターンかヴィカムを調査した

管理人PURAKIOです。

今回、調査した商材は『BITGo(ビットゴー)』です。それでは今回も一緒に見ていきましょう!

特商法による表記

運営サイト情報 ヴィカム
所在地 東京都渋谷区渋谷1丁目19番18号
運営サイト責任者 柳 隆太

料金体系について

BITGo(ビットゴー)は通常15万円とのことで2024年5月までは無料提供されるとのことです・・・しかし15万円の商品をいくらなんでも無料にするのは思い切りが良すぎますよね?信憑性が低い・・・実際は15万円の価値はないものかもしれません・・・注意してください

BITGo(ビットゴー)の概要

BITGo(ビットゴー)は仮想通貨の自動売買の副業のようです、LPでは超低リスク超ハイリターン・・・というような文言が散見してます、しかし投資の世界で反比例するのが一般的のハイリスクハイリターンの説明はほしいところです・・・

BITGo(ビットゴー)の実態は?

BITGo(ビットゴー)は低リスクハイリターンの説明も伏せられたまま説明が進んでいくのですが、ここで思い出してほしいのが投資の金言の

「平均的なインデックス投資のリターン水準を知っておく」

株式の市場平均であるインデックスは、ざっくり言って期待リターンは年率5%程度しかありません。しかも、その期待リターンを得るためには、ざっくり言ってリスク(標準偏差)15%を引き受ける必要があります。これが投資判断をする際の「ものさし」になってくれます。

というように市場の平均のインデックスを基本に考えれば、やはりBITGo(ビットゴー)のような投資が本当に存在するのか疑わしく感じざるを得ませんよね?注意してください・・・

BITGo(ビットゴー)の注意点

BITGo(ビットゴー)の会社住所の東京都渋谷区渋谷1丁目19番18号をマップで見てみると

BITGo(ビットゴー)
BITGo(ビットゴー)

・・・のような豪華のマンションが出てきます・・・青山パークタワーというところです、しかしこれもタワーに所在地があるというだけで信憑性は低いです

 

実際の皆様の「声」を聞いて見ましょう。

BITGo(ビットゴー)の責任者の柳 隆太をネットで検索したのですが一切出てきません・・・低リスクハイリターンの実践に成功しているのなら、多少出てきてもおかしくありませんよね・・・?

まとめ

今回調査した、『BITGo(ビットゴー)』は客観的にみて、私は買う?買わない?どちらかといえば答えは・・・

買わないですね。

理由としまして、BITGo(ビットゴー)は低リスクハイリターンらしいのですが誰もが知りたがるその概要は伏せたままでした・・・ですので現段階で実現不可能の可能性が高そうです・・・やはり一般的の平均値(インデックス投資)の数値からかけ離れている場合はハイリスクになる・・・というのが一般的ではないでしょうか?

 

情報商材の99%は稼げないと言われています、注意が必要です。

 

それではまた!ごきげんよう!!

GOOD LUCK FOR YOU!!

管理人PURAKIO

 

数本のみキャンペーン中でございます!

ご興味ございましたら是非覗いて見て下さい。