Quick Charge(クイックチャージ)は稼げるのか 実態は怪しい

Quick Charge(クイックチャージ)は稼げるのか 実態は怪しい

管理人PURAKIOです。

今回、調査した商材は『Quick Charge(クイックチャージ)』です。それでは今回も一緒に見ていきましょう!

特商法による表記

運営者名 Quick Charge事務局
メールアドレス info@second-penguin.jp

情報商材を販売する業者は特商法の記載義務がございまして、会社名、代表者名、住所、電話番号、メールアドレスを記載しなければいけません・・・

特商法記載義務に違反している可能性もございますので注意が必要です。

料金体系について

販売価格 0円(無料メルマガ配信)

Quick Charge(クイックチャージ)の概要

Quick ChargeはLPによると月収60万円以上稼げてTVCMでも流れているという文言が散見しています・・・

しかし特商法に「【公式】在宅ビジネス求人票」「【日刊】はなまる副業通信」「実録みんなの懸賞体験記からの商品案内、広告を含むメールを配信いたします・・・との文言が散見していますのでQuick Charge(クイックチャージ)という名の副業がLPでは出現していますが実態のない広告の可能性が高いので注意が必要です・・・

Quick Charge(クイックチャージ)の実態は?

Quick Charge(クイックチャージ)の紹介先のサイトとして散見している「【公式】在宅ビジネス求人票」「【日刊】はなまる副業通信」「実録みんなの懸賞体験記・・・は検索しても実態が不透明でサイト自体が見当たりません・・・

我々が確認できないサイトから発信されている副業ですので信憑性が低く注意が必要です・・・

Quick Charge(クイックチャージ)の注意点

このようにQuick Charge(クイックチャージ)から送られてくる副業は中身が無く、予想では個人情報の取得や紹介報酬を目的とした悪質案件になるかと思いますので注意してください・・・

実際の皆様の「声」を聞いて見ましょう。

Quick Charge(クイックチャージ)はやめて正解です、悪質なオプトインアフィリエイトの業者ですので注意してください。

 

副業紹介サイトは特商法がいらないかもしれませんが、そのような所から紹介された副業は信用度が低すぎますね。

まとめ

今回調査した、『Quick Charge(クイックチャージ)』は客観的にみて、私は買う?買わない?どちらかといえば答えは・・・

買わないですね。

理由としまして、Quick Charge(クイックチャージ)本体は個人情報を登録すると他の副業サイトに誘導されてしまい中身のない副業と分かりました・・・

あと副業紹介先のサイトも実態が不透明で本当に公開されている副業サイトなのか怪しいところがあります。

情報商材の99%は稼げないと言われています、注意が必要です。

 

それではまた!ごきげんよう!!

GOOD LUCK FOR YOU!!

管理人PURAKIO

 

数本のみキャンペーン中でございます!

ご興味ございましたら是非覗いて見て下さい。