スマート・リターンFX – シークレットライン クロスリテイリング株式会社 松野有希 本当に稼げるの?

  • 2021.07.01
  • FX
スマート・リターンFX – シークレットライン クロスリテイリング株式会社 松野有希 本当に稼げるの?

管理人PURAKIOです。

今回、調査した商材は『スマート・リターンFX』です。それでは今回も一緒に見ていきましょう!

特商法による表記

販売業者 投資助言代理業(投資顧問業)関東財務局長(金商)第2267号
クロスリテイリング株式会社
運営責任者 松野有希
所在地 東京都墨田区錦糸一丁目2番1号
電話番号 03-5244-5377
メールアドレス fujita-fx@cross-academy.jp
URL http://1click-ea.s3.amazonaws.com/top/it.html

料金体系について

販売価格 79,800円(税込 87,780円)

スマート・リターンFXとは?

スマート・リターンFXを手掛けるのは元機関投資家という経歴を持つ藤田昌宏という人物です。また、”元機関投資家”と謳っている彼ですが具体的な経歴は不明で、どの証券会社へ所属していたのかという情報は公開されていません。他の商材の方でどこどこの証券会社にいた等の情報はよく公開されていたりしますので秘匿義務のようなものは内容に思われますが・・・

スマート・リターンFXの概要は?

MT4にこのインジケーターを載せると、チャート上の黄色い水平ライン「ファンドライン」と呼ばれる基準線が現れます。その基準線(=ファンドライン)を挟んで、上下に一定幅で描かれた凸凹ラインがエントリーラインです。基本は、このエントリーラインにレートが触れたら逆張りでエントリーします。そして、中心線である基準線にタッチで手仕舞いとなります。

『スマート・リターンFX』のストラテジーのベースとなるのはファンドライン(基準線)と呼ばれる水平ラインです。

ファンドラインについて

ファンドラインは藤田昌宏の造語になりまして、為替市場をコントロールしている海外機関投資家の70%が注目している価格で乖離したレートは、この価格(ファンドライン)へ最終的に戻ってくると断言しています・・・ということで、だからといってその局面を1から最後まで確認しなければならないってことなのかなあ?と思いました。

推奨通貨ペア

教材推奨されている通貨ペアは4種類(ユーロドル・ドル円・ユーロ円・豪ドル円)

実際の皆様の「声」を聞いて見ましょう。

肝心なのはラインインジケーターやサインツールの性能と優位性です。藤田昌宏氏はツールに従ってトレードすればほぼ無裁量でも同様の結果を出せると謳っていますが、販売ページの内容だけではツールの優位性を判断することは不可能です。

出典元

http://www.bakuroita.com/201809/sum9trn.html

基本的には自動描写されるラインを規準にサインに従ってトレードしていくだけですからほぼ無裁量で運用が可能と謳われていますが、当然ながらサイン取捨選択の裁量判断は必須です。

出典元

http://inv-review.com/fx/ritu23t/

まとめ

今回調査した、スマート・リターンFXは客観的にみて、私は買う?買わない?どちらかといえば答えは・・・

買わないですね。

理由としまして、作者の藤田昌宏曰く、シンプルにインジケーターのサインに従ってエントリーと利確をしていけば、稼げると謳っていますが、ロジックはというとレンジ相場時の逆張りなので、サイン通りにエントリーしてもダマシに遭うはずで、やはりその部分の取捨選択の判断は裁量が必要だと思います。我々初心者にとって稼ぐのは難しいと言わざるを得ないのではないんでしょうか。あと、フォワードテストの結果が一切公開されていませんのでこのツールの優位性の確認ができません、その部分に触れていないのは買わないと、皆さま思えるのではないでしょうか。

 

それではまた!ごきげんよう!!

GOOD LUCK FOR YOU!!

 

管理人PURAKIO