電脳ブレイントラスター 株式会社トレジャーグローブ 林 健太郎 どうなの?

電脳ブレイントラスター 株式会社トレジャーグローブ 林 健太郎 どうなの?

管理人PURAKIOです。

今回、調査した商材は『電脳ブレイントラスター』です。それでは今回も一緒に見ていきましょう!

特商法による表記

販売業者名 株式会社トレジャーグローブ
運営統括責任者 林 健太郎
住所 大阪府大阪市生野区勝山北3-1-17
電話番号 050-3740-3555
メールアドレス info@b-truster.net
販売URL http://koubou2.com/lp/dbt/

料金体系について

販売価格 300フィード版月額:9800円

電脳ブレイントラスターとは

通称【電ブレ】とはAmazonで検索すると出てくる商品とヤフオクで出品中の商品との価格差(仕入れ価格と販売価格の差)を取得し、自動で利益が出る商品を見つけてくれるツールですね。因みにアマゾンのFBAにて販売することで月額約5000円も必要になります。

アマゾンFBAとは

仕入れた商品をアマゾンへ送ることで、出品、発送、入金の作業を代行してもらうサービスです。

実際の皆様の「声」を聞いて見ましょう。

このツールは価格差のある商品を見つけることができる(と謳っている)ツールです。
つまり、どんなに売れなさそうな商品でも価格差さえあれば見つけてしまうわけです。
そんな商品を仕入れても、当然利益は出ませんよね。
売れないんですから。
1個10万円の利益が出る商品があったとしても、売れた個数が0個なら利益は0円です。
となると、ツールが通知してきた価格差のある商品が売れるかどうか、つまりその商品を仕入れるかどうかを自分で判断することが必要になります。
あなたにはその判断ができますか?
ツールは判断の手助けをしてくれませんよ。

出典元

https://akimoney.net/%E9%9B%BB%E8%84%B3%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%EF%BC%88%E9%9B%BB%E3%83%96%E3%83%AC%EF%BC%89%E3%80%90%E6%9E%97%E3%80%80%E5%81%A5%E5%A4%AA%E9%83%8E

すべてにおいて「完全自動化」をし、誰が使用しても「同じ結果が出るように設定されていますと、LPに書かれているように、このツールは全自動ツールです。だから誰が使っても同じように稼げるとLPでは続けていますが、私に言わせれば誰が使っても仕入れ、販売の両方で価格競争に巻き込まれて稼げなくなるツールにしか見えません。

出典元

https://watapappy.com/denno-braintraster-hayashikentaro/

まとめ

今回調査した、『電脳ブレイントラスター』は客観的にみて、私は買う?買わない?どちらかといえば答えは・・・

買わないですね。

理由としまして、月々9,800円の金額がかかり、言うまでもなく商品仕入れ代金もかかります。そして、価格差まではこのツールにて表示可能なのですが、かなり大事な部分であろうその商品が確実に売れる商品であるかどうかを教えてくれない可能性もあり、仕入れるところまではできても、実際は利益の出る値段で売れなかった・・・なんてことにもなりそうですよね。

あと、料金体系にも書かれている300フィード使用可能これはつまり300商品までしかツールで登録できないということを指しています。私の感覚では、300は少ないかなあと思いますし、その点は無料ツールは1000フィード使用可能だったりしますよね。ということでこのツール、損をする可能性の方が大きいように感じました。

 

それではまた!ごきげんよう!!

GOOD LUCK FOR YOU!!

 

管理人PURAKIO