モンスタースキャルFX LTCM合同会社 綾井英司 実態はどうなの?

  • 2021.10.30
  • FX
モンスタースキャルFX LTCM合同会社 綾井英司 実態はどうなの?

管理人PURAKIOです。

今回、調査した商材は『モンスタースキャルFX』です。それでは今回も一緒に見ていきましょう!

特商法による表記

販売業者 LTCM合同会社
販売責任者 綾井 英司
URL https://monsterscal-fx.com/
所在地 東京都港区南青山2-2-15ウィン青山1302号室
電話番号 050-5375-2418
メールアドレス longterm@fx-ltcm.info

料金体系について

販売価格    54780円(税込)

モンスタースキャルFXとは?

1分足のみを使うスキャルピング手法です。1つのパターンのみでローソク足の形状確認)で仕掛けるプライスアクションになります。エントリータイミングもシンプルにて、陽線なら買い、陰線なら売りという初心者には理解しやすいかもしれないものです。

対象通貨ペアについて

クロス円にてドル、ユーロ、ポンドの3つとのことです。

基本エントリー時間について

午前9時に形成される1分足のローソク足が陽線ならば「買い」で仕掛ける。陰線ならば「売り」で仕掛ける・・・とのことで、商材のLPにも

朝9:00(東京タイムオープン直後)を狙い撃ちします・・・と謳われているように、9:00時点のローソク足1本のみをみて、買いか売りの判断をしてエントリーするようですね。

実際の皆様の「声」を聞いて見ましょう。

バックテストの結果含めての情報が一切無いので正直一部の情報のみでは不安でありまた長期的に稼げる物では無いと思います。

出典元

https://placemakinglatinoamerica.com/monsterfx/#FX-6

「再現性MAXを謳っているのであれば
1年以上のフォワードテストの検証
結果くらいは掲載していただきたい
ですし、同じロットや通貨ペアで
取引を続けた場合のデータも
合わせて載せていただきいたいです。

月収100万円の証拠画像は
都合の悪い部分を隠している
ようにしか思えません。」

出典元

https://triomoney.net/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AB%EF%BD%86%EF%BD%98%E3%80%80%EF%BD%8C%EF%BD%94%EF%BD%83%EF%BD%8D%E5%90%88%E5%90%8C%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%80%80%E8%A9%95/

まとめ

今回調査した、モンスタースキャルFXは客観的にみて、私は買う?買わない?どちらかといえば答えは・・・

買わないですね。

理由としまして、まずLPにて操作がシンプルでわかりやすく初心者でも裁量判断なしでエントリーができると謳われていますが、東京オープンの9時のトレンドを判断して、エントリーまでは、まあ我々初心者でも、ギリギリできそうな感じもありますが、・・・どうでしょう利確や損切のタイミングは、直近の高値をストップロスに設定して、それと同率幅をリミット(利食いポイント)に設定しましょうと言われても頭では分かっても、実践でそのラインを確定できますでしょうか?これは正に裁量判断以外のなにものでもございませんよね?あと、口コミにもあるとおり、バックテストまたはフォワードテストが何も公開されていないのも、この商材のロジックを我々初心者を騙すために非公開にしていると捉えても間違いではなさそうですね。

 

それではまた!ごきげんよう!!

GOOD LUCK FOR YOU!!

 

管理人PURAKIO