ハイクロック(HIGHClock)の数千人の会員数は本当か調査した

ハイクロック(HIGHClock)の数千人の会員数は本当か調査した

管理人PURAKIOです。

今回、調査した商材は『ハイクロック(HIGHClock)』です。それでは今回も一緒に見ていきましょう!

特商法による表記

記載なし・・・

情報商材を販売する業者は特商法の記載義務がございまして、会社名、代表者名、住所、電話番号、メールアドレスを記載しなければいけません・・・

特商法記載義務に違反している可能性もございますので注意が必要です。

料金体系について

記載なし・・・

ハイクロック(HIGHClock)の概要

ハイクロック(HIGHClock)はLPによりますと高級腕時計の抽選購入権利というものをハイクロック(HIGHClock)の会員になり抽選を目指す副業のようです・・・

そして会員の誰かが当選した場合、みんなで利益を山分けする・・・というような文言が散見しています、しかし毎日5万円稼げるほどの熱狂的な市場なのでしょうか?怪しく信憑性が低いので注意が必要です

ハイクロック(HIGHClock)の実態は?

ハイクロック(HIGHClock)は会員数1000人を超える規模と謳っています・・・そして毎日50000円を稼げるようですが計算すると5000万円のものを毎日転売していることになってしまい、高級腕時計の抽選購入権利がそのような大規模にあるわけがないのは火を見るより明らかで危険です、注意してください・・・

ハイクロック(HIGHClock)の注意点

ハイクロック(HIGHClock)の登録後の権利申請画面はデモ申請のようで残念ながら出金はできません・・・本申請時に高額の費用を請求してくる手法で心理学を利用して、我々購入者を嘘の会員組織を信じ込ませ金を取ろうとする悪質の手法の可能性が高いです・・・注意が必要です

実際の皆様の「声」を聞いて見ましょう。

ハイクロック(HIGHClockは会員数が千人以上と謳っていますが恐らく嘘ですよね?毎日それだけの人数を維持できるほど高級腕時計は出回りませんので注意してください

まとめ

今回調査した、『ハイクロック(HIGHClock)』は客観的にみて、私は買う?買わない?どちらかといえば答えは・・・

買わないですね。

理由としまして、ハイクロック(HIGHClock)は千人規模の会員数と謳っていますが、そんな人数を維持できるほど転売があるわけはないですよね?予想では高額のバックエンドを取るための嘘の会員組織を創作している可能性が高いです・・・

情報商材の99%は稼げないと言われています、注意が必要です。

 

それではまた!ごきげんよう!!

GOOD LUCK FOR YOU!!

管理人PURAKIO

 

数本のみキャンペーン中でございます!

ご興味ございましたら是非覗いて見て下さい。