ワイルドカードシステム 株式会社ワイルドアイズ 加瀬大介 大丈夫?

ワイルドカードシステム 株式会社ワイルドアイズ 加瀬大介 大丈夫?

管理人PURAKIOです。

今回、調査した商材は『ワイルドカードシステム』です。それでは今回も一緒に見ていきましょう!

特商法による表記

販売会社 株式会社ワイルドアイズ
責任者名 加瀬大介
所在地 東京都中央区銀座1丁目22-11銀座大竹ビジネス2F
連絡先 03-6683-7158
e-mail rumirisu07@gmail.com
URL https://wildcardsystem.com/

料金体系について

販売価格 19800円(税込み)

ワイルドカードシステムとは?

バイナリーオプション用のツールであるワイルドカードシステムは、3種類のロジックを搭載した勝率表示も可能なMT4用のインジケーターです。MT4上で出たサインを確認し、ハイローオーストラリアなどのバイナリー取り扱い会社でエントリーをします。手法はマーチンです。

ハイローオーストラリアとは?

ライセンス マーシャル諸島共和国規制(元オーストラリア金融ライセンス)
加入保険 ロイズ保険組合
資金管理 分別管理
取引種類 HighLow
HighLowスプレッド
Turbo
Turboスプレッド
最高ペイアウト 2.30倍
最低ペイアウト 1.85倍
口座開設スピード 即日
口座維持費 無料
最低入金額 5,000円
最高取引額 200,000円
デモ取引の有無 有(詳細はこちら)
判定時間 30秒/1分/3分/5分/15分/1時間/1日
取引通貨 17種類
キャッシュバック 5,000円
入金方法 銀行振込
クレジットカード入金
ビットコイン入金

なによりも国内のバイナリー取引会社ではなく、、国内金融庁から「無登録業者」として警告を受けています。やはり国内業者の方が安心感は感じるかもしれませんね。

ロジックについて

合計51種類のロジックを搭載して
いますが、内容は明かされていません。マーチンゲールを根拠に作られたロジックのようでして連敗した場合は、かなりの資金を失う恐れがあります。

マーチンゲール法とは?

勝つまではベット額を倍にしていくため、相当の軍資金を用意する必要がありますね・・・。

確かに1回勝つことさえできれば、負け分はなくなり利益を出すことができるものの、その1回の勝利がいつくるかは誰にも分からないですよね。理論的には正解なのかもしれませんが、だがそんな方法でお金を賭けようとしますかねえ・・・?

実際の皆様の「声」を聞いて見ましょう。

このシステムは自己学習AI搭載とされていますが、このシステムはインジケーターの形式で提供されるものであり、そもそもインジケーターにAIを搭載することは不可能です。

出典元

https://fx-review.xyz/wildcard/#i-4

良質のシステムであれば、勝率をアップさせることは可能です。しかし、本当に勝率が90%を超えるという説明は疑問が残ります。

出典元

https://akimoney.net/wildcardsystem%EF%BC%88%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%EF%BC%89%E3%80%90%E5%8A%A0%E7%80%AC%E5%A4%A7%E4%BB%8B%E3%80%91%E3%81%A3-2

まとめ

今回調査した、ワイルドカードシステムは客観的にみて、私は買う?買わない?どちらかといえば答えは・・・

買わないですね。

理由としまして、勝率がLPに93.7%と謳っていますが1回エントリーでの勝率ではなく、3回連続同じ方向にBETした時のトータル勝率なので、1回の勝率は50%以下ですよという商材なんですよね・・。そして勝つための理論のマーチンを行うのですが、この理論、私はそれでいいいの?と悩んでしまいますね、運よく勝てることもあるかもしれませんが、そうなるとギャンブルなの?と言われても言い訳ができそうにないですね。

 

それではまた!ごきげんよう!!

GOOD LUCK FOR YOU!!

 

管理人PURAKIO