LPtools 株式会社Catch the Web 松井宏晃 どうなの?

LPtools 株式会社Catch the Web 松井宏晃 どうなの?

管理人PURAKIOです。

今回、調査した商材は『LPtools』です。それでは今回も一緒に見ていきましょう!

特商法による表記

販売事業者 株式会社Catch the Web
代表責任者 松井宏晃
所在地 〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-7-9 フォーレ湘南台5F 501号室
電話番号 0466−21−8884
メールアドレス all@catch-the-web.com
ホームページURL https://ctp.ctw-contents.com/lptools/lp/clp/infotop/

料金体系について

販売価格 29,800円(税込:32,780円)

LPtoolsとは?

LPtoolsは「プラグイン」なので、すでにあるWordPressサイトに導入して、すぐに使い始められるのが特徴です。WordPress(ワードプレス)のブロックエディタを使って、完成形を見ながら作っていけたり、用意されたデザイン済みブロックを組み合わせるだけで、LP(ランディングページ)が作れてしまうのが特徴です。

ブロックエディタとは

GutenbergのWordPressエディタと、これまでのWordPressエディタ(現在は「クラシックエディタ」または「TinyMCEエディタ」と呼ばれます)との大きな違いは、コンテンツを作成するための新しいブロックベースのアプローチです。

実際の皆様の「声」を聞いて見ましょう。

よく考えたらWPのプラグインだし、 それに25000円だと手が出ない人多いのではないか? 体験版で良さがわかれば、 購入者が増えると思うが、 値段設定の失敗感がある。

出典元

https://kotaro-note.com/lptools-7point/#index_id1

LPでは、重要なヘッダーですが、たとえば、LPtools(LPツールズ)のLPにある下記のようなヘッダーは、LPtools(LPツールズ)に限らず、ワードプレスのテンプレートやLP制作ツールでは作成できません。

出典元

https://famadesignsolutions.com/#toc1

まとめ

今回調査した、LPtoolsは客観的にみて、私は買う?買わない?どちらかといえば答えは・・・

買わないですね。

理由としまして、ブログ初心者にとって、税込約3万円のプラグインは買うにはまだ早い気がしますね、まずはクラシックエディタを使っていられる方もいるかとは思いますので、ブロックエディタに変更しても大丈夫なようにエディタの変更が先決ですよね。

あと、ヘッダー画像作成も初心者にはすこしむずかしさを感じそうですよね。

 

それではまた!ごきげんよう!!

GOOD LUCK FOR YOU!!

 

管理人PURAKIO

数本のみキャンペーン中でございます!

ご興味ございましたら是非覗いて見て下さい。