オートセルマシーン 石原ともゆき 株式会社Seven stud 下田隆 どうなの?

オートセルマシーン 石原ともゆき 株式会社Seven stud 下田隆 どうなの?

管理人PURAKIOです。

今回、調査した商材は『オートセルマシーン』です。それでは今回も一緒に見ていきましょう!

特商法による表記

事業者名 株式会社Seven stud
運営責任者 下田隆
所在地
愛知県名古屋市名駅2丁目9–14 第15平松OFFICE3F
電話番号 052-756-3733
メールアドレス ※記載なし

料金体系について

オートセルマシーン

LPによりますと期間限定無料公開の文言が散見されております・・・

しかし登録が無料であり、のちに高額なバックエンド商材であった・・・という可能性もあるので注意が必要です。

今のところバックエンドがあったという情報は無いのですが過去の株式会社Seven studの商材を確認してみたいと思います。

株式会社Seven studの商材

当ブログでも株式会社Seven studの商材は検証済みでして

5クリックハンター
https://purakio.com/5click-hunter/

5クリックハンターの商材の代金は約35万円ということで限定価格なるものがありまして、約25万円です・・・

LINEお宝アラート
https://purakio.com/line-otakara-alert/

最終的には約16万円の高額なバックエンド商材が控えていることが確認できています

月収100万円勝ち確定サイト
https://purakio.com/sidejob-kachikakutei/
円安長者ポチポチくん
https://purakio.com/pochi/

19万8000円(税抜)のようですね・・・

2タップフィーバー
https://purakio.com/2-tap-fever/

【年間一括払い特別価格】入会金55,000円が無料で237,600円

このようなローンチタイトルが散見されております・・・

そして株式会社Seven studの商材はどのタイトルも高額なバックエンド商材が控えておりますので注意が必要ですね・・・

オートセルマシーンの概要

オートセルマシーン(AUTO SELLマシーン)とは、1日20分の簡単なコピペ作業だけで、毎月30万〜100万円の自動収入が入ってくる「日米Amazon無在庫輸入自動化システム」を利用した物販の副業です・・・

ということで中国輸入のせどりはよくありますが、アメリカはあまり聞かないですし稼げるのか実態は不透明です・・・

オートセルマシーンの注意点

無在庫販売ということで、アマゾンでは当然に無在庫販売は禁止しております・・・

ただしドロップシッピング案件に限り許されている状況のようでして

ドロップシッピング、すなわち第三者が出品者に代わって購入者に注文を直接出荷することは、出品者が記録上の販売者であることが購入者に明確でない限り、認められません。

引用:Amazon seller central「ドロップシッピングポリシー」

 

とのことで商品を実際に送る人物を明確にしなければ無在庫販売はできません・・・と明記しております。

そこで石原ともゆきのツイッターを調査しましたところ

オートセルマシーン

このように知的財産権のクレームが良く来る印象の文言が散見されておりますので、アマゾンの言うドロップシッピングポリシーの販売者の明記をしていいない可能性もあると思いますので注意が必要です・・・

実際の皆様の「声」を聞いて見ましょう。

石原ともゆきですが自動収入によって3億円の資産と月収420万円の

仕組みを構築した自動収入構築のプロとの事です。

不動産業界でもトップクラスの実績がありマンション1棟に

倉庫2棟に駐車場など多数も所有物件をお持ちのようですが、

どれもネットで調べても事実確認する事ができない情報でした。

出典元

https://bad-sidejob.net/sidejob/auto-sell-machine/#AUTO-SELL-4

「無在庫販売」自体を禁止しているECプラットフォームがほとんどです!

そしてAmazonでもこの「無在庫販売」と言う物販手法を禁止にしています!

よって、購入者からのクレームや通報でアカウントが停止になる事がほとんどですので稼ぐ事は非常に難しいでしょう。

ちなみに無在庫販売は違法ではないですが、非常にグレーな稼ぎ方になります。

出典元

https://cham-group.com/fukugyo/auto-sell-machine

まとめ

今回調査した、は客観的にみて、私は買う?買わない?どちらかといえば答えは・・・

買わないですね。

理由としまして、オートセルマシーンについて本当に稼げるのか調査してきましたが、残念ながら稼げないかな・・・という結論に至りました、

それは株式会社Seven studのローンチしている商材ということで、高額なバックエンドが控えていることは火を見るより明らかでありますし、

何よりも商材の中身がグレーゾーンな部分がある可能性が高いですよね・・・やはりドロップシッピングの部分で何らかのトラブルがありそうで・・・これって商材として安心して運営できないということで心配になるかと思います・・・

情報商材の99%は稼げないと言われています・・・注意が必要です。

 

それではまた!ごきげんよう!!

GOOD LUCK FOR YOU!!

管理人PURAKIO

 

数本のみキャンペーン中でございます!

ご興味ございましたら是非覗いて見て下さい。